賃貸オーナー様も絶賛!! CFが剥がれない施工方法  内装リフォームの事なら千葉の職人企画にお任せ

  • ホーム
  • 賃貸オーナー様も絶賛!! CFが剥がれない施工方法  内装リフォームの事なら千葉の職人企画にお任せ

【CFクッションフロアの継ぎ目が開かない!】

~価格には見えない施工技術をご紹介~

 

昨年CFクッションフロア

貼ったばかりなのに・・・

6帖の洋室やキッチンなどで

下記写真の症状を見かけた事

ございませんか?

 

 

 

ジョイントの

クチがパッカリ開いている状態。

 

では、

何故こんな症状がでるのでしょうか?

<3つの要素が言えるでしょう>

要素1:施工方法の間違え

そもそも技量がない

 

要素2:材料(糊やボンド)の品質が悪い

※期限切れなどの古いボンドなども含む

材料をケチる!(薄める行為)

 

要素3:職人がオーナー様の立場だったらという

想いが少ない為

 

挙げればキリがありませんが、

要素3の心があれば、要素2の行為など

起こらない為、

やはり見積価格には現れない

要素1の施工方法&技術が

一番重要なんです!

 

では、どんな施工をしたら、

ジョイントが剥がれないのか、

ご紹介いたしましょう!

 

 

 

当社の施工方法で

オーナー様もひと喜びです。

 

 

正直、

一番先にボンドを塗ってCF貼れば

早く簡単に施工できるのですが、

もし、自分の家だったらと思うと

スピードより耐久性を優先しますよね。

この

ひと手間加える施工方法の思いが

仕上がりを際立たせるのです

 

職人企画の匠技のご紹介でした。

 

 

 

「外装・内装リフォームの事なら

千葉の職人企画にお任せ」