クリナップ ラクエラvsステディアどっち選ぶ? 内装キッチンリフォームなら職人企画にお任せ

  • ホーム
  • クリナップ ラクエラvsステディアどっち選ぶ? 内装キッチンリフォームなら職人企画にお任せ

クリナップ キッチン

 

ラクエラかステディアどちらがいいの?と

悩まれている方

職人がおすすめするキッチンを紹介します。

 

近々、キッチンリフォームや新築注文住宅を検討している方に

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

 

私もたまに料理・子供の弁当作り・食器洗いしますので、

主婦(主夫)目線で商品を見てきました。

 

 

いきなり答えを言いますと、

一番最初にグレードや価格から検討しないでください

 

 

クリナップ担当者さんと

「キッチンの検討~購入を決めた方」

のデータを統計したところ、以外な事実が判明致しました。

 

では、何から検討すればいいのか解説します。

【キッチンを検討していく順番 ベスト5】

① 扉の色

② レンジフード

③ ガスコンロ

④ 予算

⑤ 食洗器

何故このような順番になったか解説

 

約20年、いやもっと丁寧に使われる方

たくさんいらっしゃいます。

その年月をお気に入りのカラーでLDKを

演出したい要望が多いのです。

 

※カタログでグレードを決めて来店する方が多いのは

事実ですが、いざショールームで色の打ち合わせに

なると自分が選んでないグレードに好みの色があり、

「一から検討し直し➡家族の意見が振り出しになる」

傾向が一番多い事が判明しました。

 

※機能性よりも、

・リビングダイニングに合った、キッチンがいいので

見た目重視の声多い

・レンジフードは深型? スリム型?

・ガスコンロはガラストップ? ホーロー?

グリルは片面焼き? 両面焼き?

 

①のカラーが決定して最低限の②、③決めて+標準仕様で

一度見積金額を出し、④の予算に対して

まだ、オプションや⑤の食洗器など追加できるか再検討して頂く

 

と言った流れですとお客様もスムーズに

商品選択が出来る事がわかりました。

 

 

それもそのはず15年前は今ほどのカラーバリエーションは

ありませんでした。キッチンだけでなく、

今流行のキャンプにしましても、

おしゃれなアイテムやカラーが多くスタイリッシュになりました。

買い手が迷うのは無理もないですね💦

 

注)「全てが扉カラーから選びなさい」とは言いません。

カラーよりも機能性重視の方は機能重視からで

良いと思います。優先順位がハッキリしている方は

ブレずに検討しましょう!

 

 

 

ここからは商品の特徴を説明していきます。

 

クリナップキッチンのコンセプト

 まるでファッションを選ぶように

『キッチンは家具と考える』です!

 

キッチンをリビング・ダイニングの溶け込む

オーダー家具と考えてます👏

かっこいい!ですね^^

 

それでは、

ラクエラ&ステディアを紹介します。

価格はラクエラ<ステディアとなります。

 

  【ラクエラ 】

   

一般的な木製キャビネットのキッチンです。

スタイリッシュなデザイン&豊富なカラー扉で他社を圧倒してます。

耐荷重20㎏

 

 

   【ステディア】

         

クリナップ代表作「クリンレディ」の後継品として

2018年にデビューした商品

ステンレス製のキャビネットですので、カビやニオイに強いので、

高温多湿の日本では適した商品です。

耐荷重40㎏

 

セラミックワークトップ➡熱・傷に強く、変色しにくい素材

 

 

 

 <クリナップの特徴>

      

また他社よりも優れている点は、丈夫な金物レールを使用しています。

世界トップクラス・オーストリアの「ブルム社製」の金物で品質重視

引き出し収納に重い物・大きな物を収納すると、

レールがスムーズに動かなかったり、重さで歪んだりするのを解消

 

 

 

<収納オプション>

仕切り棚で食器類が見やすく取り出しやすい↑

 

 

標準仕様に100均で仕切るのもアリですね↑

 

 

 

豆情報 その1

【おススメ!洗エールレンジフード】

ご予算に余裕がある方は、

自動洗浄レンジフードをお勧めします。

ファンフィルターのお掃除は約2ケ月に一回。

給湯トレイにお湯を入れ、ボタン押すだけ。

約10年間 自動洗浄可能(10年に一回メンテナンスで交換)

※セラミックコーティングされている為、お湯で十分洗浄されます。

是非、ショウルームで体感してください。

 

 

 

豆情報 その2

L字型キッチンのご家庭の方へ

ステディアのオプションとして、

デッドストックになる部分にコーナーキャビネット装備可能です。

 

 

3つのワゴンが収納されています。

 

 

以上がラクエラ&ステディアのご紹介です。

職人からの助言は、木製キャビネットでお探しでしたら、

他社より群を抜いて使い易い『ラクエラ』で十分ですが、

総合的に長い目で見ると、ステンレス製+耐荷重で

『ステディア』をお勧めします。

 

一つの考え方として、

(例)

ラクエラとステディアの差額20万だとしたら、

差額分の価格20万÷20年÷12ケ月=約834円(1ケ月)

ラーメン834円外食したと思ってみるといいかも((´∀`))

 

まだまだオプションも含め魅力的な機能もございます。

 

ご検討の際はショウルームに行かれる事をお勧めします。

当社もご案内致しますので、

お気軽にご相談ください。

 
「千葉市の内装リフォームなら職人企画にお任せください!」